米韓が600億ドル規模の通貨スワップ協定!日韓通貨スワップ協定の歴史

韓国ウォン

 

通貨スワップ協定とはあらかじめ決められた引出限度額・期間、決められた為替レートの下、通貨交換する協定を言います。

2020年3月19日、アメリカは9つの国とスワップ協定を結びました。この中には韓国も入っています。

米連邦準備理事会(FRB)は2020年3月19日木曜日、オーストラリア準備銀行、ブラジル中央銀行、デンマーク国立銀行(デンマーク)、韓国銀行、メキシコ銀行、ノルウェーとの一時的な米ドル流動性協定(スワップ)の締結合意を発表しました。それぞれ最大600億ドルの米ドルの流動性の提供をサポートします。

デンマーク国立銀行、ノルウェー銀行、ニュージーランド準備銀行、スウェーデン国立銀行にはそれぞれ300億ドルです。これらの米ドルの流動性の取り決めは、少なくとも6か月間(今年9月19日)まで実施されます。

Federal Reserve announces the establishment of temporary U.S. dollar liquidity arrangements with other central banks
The Federal Reserve on Thursday announced the establishment of temporary U.S. dollar liquidity arrangements (swap lines) with the Reserve Bank of Australia, th

今回の米韓通貨スワップ協定は引出限度額600億ドル、最低6ヶ月間(2020年9月19日)の条件で締結されました。韓国ウォンと米ドルの交換レートは非公開です。決められたレートよりも韓国ウォンが安くなれば、韓国が得する契約になっています。したがって、為替が下落傾向にある際の保険になります。

 

日本は現在、アメリカ合衆国、欧州連合、イギリス、スイス、カナダと引出限度額が無制限、有効期限が無期限の通貨スワップ協定を締結しています。これも韓国ウォンなどの新興国通貨とは違い、日本円の信用を高めています。

 

日本と韓国は2001年7月4日のチェンマイ・イニシアティブによる日本から韓国への一方方向のドル供給から始まりました。その後、相互に通貨を供給する日韓通貨スワップ協定が締結され、2013年7月3日チェンマイ・イニシアティブよりも先に期限が終了します。2015年2月23日にはチェンマイ・イニシアティブも終了してます。

 

2020年現在、韓国は米国と600億ドルのスワップ協定を締結しています。しかし、日本と韓国の間では通貨スワップ協定が締結されていません。ウォン安傾向が続くため、さらなるウォン高への圧力のため、韓国は日本との日韓通貨スワップ協定も切望しています。水面下では日本への協力も求めているでしょう。

今回は2001年7月4日から2015年2月23日までのチェンマイ・イニシアティブを含めた日韓通貨スワップ協定の歴史と日韓通貨スワップ協定再開の可能性を考えてみます。

 

日韓通貨スワップ協定の歴史

はじめはタイのチェンマイで締結されたためチェンマイ・イニシアティブと呼ばれていました。チェンマイ・イニシアティブは日本から韓国へ、韓国が必要な時に一定ルートで一方的にドルを供与するものでした。日本はドルの代わりにウォンを受け取ります。上限20億ドルでした。

日韓通貨スワップ協定の始まりとも言えるチェンマイ・イニシアティブは2001年7月4日に締結されています。

2005年になると日本銀行と韓国銀行で相互に円とウォンを供給できる日韓通貨スワップ協定が締結されました。相互で供給できるスワップ協定はこの時が初めてです。上限額は30億ドル相当でした。

2006年2月24日には、チェンマイ・イニシアティブをそれまでの取極にかえて、日本は100億ドルまで、韓国は50億ドルまで供給する双方向スワップ協定を締結しました。この期限が2015年2月までと長期的なものでした。

2008年、リーマンショックが起こり、韓国ウォンは1508ウォンまで下がっています。韓国で韓国通貨危機が起こったため、2008年12月、日韓通貨スワップ協定による引出限度額を30億ドル相当から200億ドル相当に増額しました。

2010年4月末、為替市場が安定化したため、引出限度額を200億ドルから30億ドルまで戻しています。

2010年6月、日韓通貨スワップ協定の期限を3年延長しました。期限が2013年7月までとなりました。この時は日韓関係も良好でした。

2011年10月、欧州の金融市場が不安定化し、韓国ウォンが下がり始めたため、韓国は日本に協力を要請します。日本はこれに答えるため、2012年10月末までの1年間、日韓通貨スワップ協定の引出限度額を30億ドル相当から300億ドル相当に増額しました。また、今回は新たに日本の財務省(外国為替資金特別会計)と韓国銀行の間で、ドルと円やウォンを交換する300億ドルの枠組みを設けました。チェンマイニシアティブで合意しているスワップは限度額100億ドルで据え置いています。これらを合わせた結果、チェンマイ・イニシアティブ+日韓通貨スワップ協定の限度額はこれまでの130億ドルから、5倍強の700億ドルに拡大しました。

 

日韓通貨スワップ協定

2011年10月19日、通貨スワップ合意時の記念撮影(https://www.afpbb.com/articles/-/2836186

 

当時の野田首相と韓国の李明博大統領が写った写真を見てもわかるように、日韓関係は良好でした。この700億ドルというスワップ協定は大きな圧力となり、欧州の金融市場が不安定化した2011年は2008年、2009年のほどのウォン安にはなりませんでした。2012年10月、1年間の期限が終了したため、700億ドルから30億ドル相当に戻しました。

2013年7月3日、日韓通貨スワップ協定満期で終了しました。

2015年2月23日、チェンマイ・イニシアティブ下の日韓通貨スワップ協定も満期終了しました。

 

日韓通貨スワップ協定は再開するか?

1997年のアジア通貨危機の際、1ドル1000ウォンが2000ウォンまで下落したため、韓国はIMFの管理下に入りました。このような背景があって2001年7月4日に締結されたのがチェンマイ・イニシアティブです。つまり、韓国側の一方的な利益に日本が協力していたことになります。

2013年の日韓通貨スワップ協定、2015年のチェンマイ・イニシアティブは当然延長もできました。延長せずに終了したのは日韓関係の悪化です。韓国企画財政省のソン・インチャン国際金融局長は「可能であれば通貨スワップ枠を維持することが望ましい」と述べました。しかし、2015年は少女像問題が発生し、当時から財務大臣であった麻生太郎氏が「約束した話が守られないのなら貸した金も返ってくる可能性もない」と述べ、日韓通貨スワップ協定の延長交渉自体が困難まま終了しています。

2020年も日韓関係は決して良くはありません。しかし、3月19日、先にアメリカとの600億ドルにも及ぶ通貨スワップ協定が結ばれました。これにより緊迫した世界情勢の中で経済問題に政治的な問題を日本だけが持ち込みづらい状況が出来上がりつつあります。韓国経済の安定は日本経済の安定にも繋がり、また、韓国経済を放置するよりも協力した方が日本経済のダメージは少なくなります。つまり、世界経済の安定化のため、日韓通貨スワップ協定を締結する可能性は十分にあると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました