金正恩死亡の速報ニュースはどのソースが信用できるか?

金正恩のニュース 韓国政治

 

4月25日21時現在、金正恩の健康状態についての確定的なソースはまだ出ていません。現在の情報を整理すると、『健康状態に異常がある』『中国が医療専門家チームを北朝鮮に派遣した』とするニュースは各国の大手メディアでも報道されており、信用性も高くなっています。

金正恩の死亡説は本当か?信用できるソースを時系列に調べてみました
2020年4月、最初に金正恩の健康状態を報じたのはアメリカの大手のテレビ局CNNでした。CNNは『北朝鮮の金正恩氏、手術を受け重篤』と4月21日の午前中に報じています。CNNは心臓血管手術を受け、金正恩が重篤という情報を、米政府が確...

もし金正恩の健康状態に異常がある場合、どこか一番早く、一番信用できるか?結論を言うと、これは中国政府の発表です。

中国政府は金正恩に手術を施したとされる医師団を派遣しており、確定的な情報を持っています。また、中国は北朝鮮の内部状況を気にせず発表ができます。北朝鮮への政治的な関与を強めるために、早めに動きたい思惑があるのも大きいでしょう。北朝鮮政府は後継者の問題や内部統制の状況から、金正恩が死亡しても発表まで時間がかかります。こうした理由から、中国政府の発表が金正恩の健康状態について確定的な情報になると考えられます。

 

日本、アメリカ、韓国のメディアはそれぞれ北朝鮮からの独自情報の提供を受けているものの最終的な確認がしにくい状態です。メディアが金正恩死亡だったり、脳死や植物人間状態との報道は出来ても確認はできないでしょう。日本、アメリカ、韓国の政府関係者も”最終的な確認”がほぼ不可能な点はメディアと変わりありません。

 

メディア、各国政府関係者は中国政府の情報待ち?

金正恩の死を直接確認できる立場にあり、北朝鮮の内部状況を気にすることなく発表できるのは中国政府のみです。従って、多くのメディア、政府関係者は中国政府からの情報を待っています。ロイター通信などが報じた北朝鮮へ医師団を派遣したという情報も中国政府の高官からのリークでした。

 

金正恩死亡の確定的な情報を誰よりも先に見たいなら?

4月25日21時現在、私は韓国語の情報を中心に、金正恩の情報を集めています。しかし、韓国では先日日本で公開された週刊現代の近藤大輔編集委員による記事が話題になっていたり、新しい情報は出ていません。中国語で情報収集するは私にとって難しいものの、こちらでも新たな情報を探しています。なぜなら中国語による発信が、先程述べたような一番早く、一番信用できるニュースを発信すると考えられるからです。

 

日本、アメリカ、韓国政府がいち早く金正恩の死亡を発表することもあり得ます。しかし、中国メディアよりは後になる確率が高いでしょう。もちろん中国メディアの発表でも、中国政府の誰がどのように発表したかも見るべきです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました