韓国総合株価指数(KOSPI、コスピ)のサーキットブレーカー発動基準は?

韓国証券取引所のサーキットブレーカー 韓国経済

 

韓国総合株価指数(KOSPI、コスピ)が1分間、前日の終値から10%を超えて急騰・暴落し続けると、韓国証券取引所での取引が20分間停止します。コスダックも同様で、コスダック指数が10%以上急騰・暴落すると、コスダックの取引が停止します。ただし、2020年3月13日の株式市場では8%を越える下落でサーキットブレーカーが発動されました。

また、韓国総合株価指数(KOSPI、コスピ)が1分以上基準価格から5%以上乖離(急騰・暴落)すると、プログラム売買が5分間停止されます。これはサイドカーと呼ばれています。

 

サーキットブレーカーが発動されると?

サーキットブレーカーが発動されると20分間取引ができなくなります。取引所は10分間会員から注文を集め、それらの注文を単一価格によって約定させます(板寄せ方式)。

 

サーキットブレーカーの発動は、1日に1回しかできません。また、14時20分以降は発動ができません。

 

韓国証券取引所でサーキットブレーカーが発動されるのはいつぶりか?

韓国の証券取引所では2020年3月13日と3月19日にサーキットブレーカーが発動されました。いずれも10%以上下落による発動です。2020年のコロナショック前では、19年前の2001年の9・11テロ翌日、9月12日ぶりでした。

韓国の証券取引所は韓国ウォン市場と同様に、20年ぶりとも言われる山場を迎えています。韓国政府には早急の対応を求められているでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました